女の人

eラーニングの人材育成でコストダウンが狙える

社宅管理を効率化する

マンション

社宅代行は、企業の社宅に係る管理運営を代行するアウトソーシングサービスの1つです。借上げ物件の各所有者との交渉を一括委託することで、契約や家賃支払いなどの業務を効率化します。物件探しも代行してもらえます。

詳細へ

旅行企画をスムーズに

スーツケース

企業が社員の結束を高めるための手段として、社員旅行の活用がある。社員旅行では、旅行会社にプランの提案や手配をしてもらうことが最適である。これらの業者を活用する場合には、プランなどを比較検討することが重要である。

詳細へ

研修はコストがかかる

説明

研修は重要な位置づけ

企業では研修による人材育成が盛んに行われています。研修は入社した新人研修から始まり役割やポジションに応じたスキル研修を定期的に受講します。また実務に必要な専門スキルを身に付けるための研修も実施しています。また会社によっては語学や資格取得のための研修まで開催している会社も存在します。しかし研修は受講する側も講師側も必要になり、また研修を開催する場所も必要にあります。そして研修による売り上げはなくあくまでも人材に対する先行投資の位置づけになります。研修の数が充実していることは人材育成の観点は良いことなのですが、研修コストが利益を圧迫する可能性もあるのです。そのためより効率的にそして低コストで研修を実施する必要があるのです。

併用することで効率化

低コストで行う研修手法にeラーニングがあります。インターネットなどを用いて行うeラーニングは次週型のトレーニング方法です。画面により一方的な解説が成され、それに対する理解度テストを経るものになります。スピードなどは自分のスキルに合わせることができるため、自由度は高いのですが、質問などをすることができないことや、学習のやる気は自分次第であることなどのデメリットもあります。しかしeラーニングを用いることで、何度も研修を開催しなくてよいメリットもあります。差分研修や追加研修、補習などをeラーニングで行う事によってコスト削減もできるのです。人材育成のすべての研修をeラーニングにすることはできませんが、人材育成の一部に取り入れることは可能なのです。

人の成果を効率的にする

パソコン操作

仕事のモチベーション管理は現在のビジネスの上では非常に重要な要素になっています。社員の満足度調査を積極的に行う企業も増加しています。特に難易度の高いのが評価に関する満足度調査です。成果主義になってから益々難しくなっています。

詳細へ