社宅管理を効率化する|eラーニングの人材育成でコストダウンが狙える
婦人

eラーニングの人材育成でコストダウンが狙える

社宅管理を効率化する

マンション

借上げの面倒を解消

企業の社宅といえば、かつては団地形式の集合住宅を企業自らが建設し、社員及びその家族を住まわせるという方式が一般的でした。しかし現在では、こうした施設を直接保有することは固定費の負担となることから、民間のアパートやマンション等を借り上げて社宅とするのがトレンドになっています。この場合に課題となるのが、物件探しと借り上げた物件の管理・運営です。いずれも総務・人事担当者が他の業務を持ちながら行うには手間がかかりますし、不動産に関する専門知識がないとスムーズに遂行できない可能性があります。そこで、最近人気を集めているのが社宅代行というサービスです。面倒な管理業務を専門業者に委託することで、業務の合理化を実現することが可能になります。

経理事務の省力化にも貢献

社宅代行は対企業アウトソーシングサービスの一種で、社宅の確保から管理・運営に関する業務全般を代行します。たとえば物件探しです。企業が直接賃貸物件を探すとなると不動産業者に個別に当たらなくてはなりませんが、社宅代行業者に依頼すれば定員や地域などに関する大まかなリクエストを出すだけで適当な物件を探し出し、契約手続き等も代理してもらえます。また、敷金・礼金等における地域ごとの習慣の違いにも適切に対応します。さらに入居後の家賃の支払い等についても、社宅代行サービスを利用すれば立替払いによって一括管理できるようになります。企業は物件所有者ごとに伝票を起票したりバラバラに出金を行ったりといった手間から解放されることになります。